浮気調査 自分

自分でできる浮気調査は自分で調査しましょう!

浮気調査と聞きますと、探偵に頼むイメージがありますが、自分自身で浮気の兆候を確認して、証拠を集める事ができます。

 

まず浮気調査をするに当たって、本当に浮気をしているのかの確認のために浮気の兆候を調べます。

 

浮気の兆候にはいくつかの項目がありまして、携帯電話、身だしなみ、仕事、クルマ、パソコン、生活等のようなものです。

 

例えば携帯電話なら、いつも肌身離さず持ってる、履歴を常に削除している等、その他の項目でもいつもと違っていたり、見られる事が嫌がったり、急に規則正しい生活になったりと浮気をすると兆候が必ず現われます。

 

次の段階の浮気調査は浮気の証拠集めです。

 

携帯電話なら全ての情報を確認・保存が必要で、メールの作成文字履歴を見るためにさまざまな文字を打ってみて下さい。
持ち物はメモ、レシート、明細書の確認、それらから利用人数や利用時間を推測します。

 

クルマだと助手席の位置や髪の毛が落ちているか、ガソリンのメーターの確認でGPSを設置するのもありでしょう。
クルマを利用しない方だと交通機関のICカードの利用やチャージ履歴は大事です。

 

夫婦や恋人同士ならお互いの会話からも隠し事や嘘を見破る事も可能です。
言動・姿勢・表情・目・手・足・癖などをしっかりと観察し、いつもと違うかどうかの確認が必要です。
この時に必要なのは、冷静になる事で相手を逆切れさせてしまうことはいけません。
また、あくまでも浮気調査なので核心を突いた話はいけません。

 

これらの浮気調査に共通する事ですが、無理をしない事が大事です。
証拠があってもデジカメで撮る等して元の位置に戻すようにしましょう。

 

決定的な不貞行為の証拠を掴むには探偵社に任せるのが一番です。